いちご鼻を改善するためにおすすめのクレンジング洗顔料の紹介

いちご鼻を改善するためにおすすめのクレンジング洗顔料の紹介したいと思います。
MENU

いちご鼻を改善するためにおすすめのクレンジング洗顔料の紹介

いちご鼻を改善するためにおすすめのクレンジング洗顔料の紹介
私はにきびなども出来ず肌のトラブルとは無縁と思っていましたが、ある日母に鼻のブツブツを指摘されました。調べてみるといちご鼻と呼ばれているものでした。母からの指摘を受けていちご鼻に悩むようになり鏡を見るたびに鼻が気になってしまい、他人と会話している時も自分の鼻を見られているのではないかと気が気ではありませんでした。

 

 

 

それまで肌のお手入れは洗顔料も使わずに水で洗い、化粧水も使わない日がほとんどでしたが、いちご鼻の原因は角栓の詰まりや皮脂や角質などの汚れが酸化して黒ずんでしまうことだとわかり、とにかく汚れを取ろうと思い薬局で買った洗顔料で毎日顔を何回も洗うようになりました。また、100円ショップで鼻の汚れを取るブラシを買って一日に何回もブラシでこすりました。角栓や毛穴の詰まりを取り除いてくれる鼻用のパックも試しましたがその場では汚れが取れたように思うのですがいちご鼻でなくなることはありませんでした。執拗にいちご鼻の手入れをしていたせいか今度は肌が乾燥して鼻の毛穴が大きく開いているように感じました。
しばらく一人で悩んでいたのですが、母に相談すると角栓を取るパックや執拗にお手入れをしてしまうことは肌に良くないどころか逆効果だと教えてもらいました。そしてセラムデューのノンオイルクレンジング「アクアクレンズ」をおすすめされたのです。毎日アクアクレンズで優しく洗顔することでだいぶ黒ずみがなくなり、徐々にいちご鼻ではなくなりました。

 

 

いちご鼻を改善するためにおすすめのクレンジング洗顔料の紹介
私が体験してわかったことは、いちご鼻を改善したくても焦ってはいけないということでした。焦って毎日何回も洗顔したり強くこすったりして洗顔をしても意味がないのです。良い洗顔料を使って優しく洗顔をすることが大切だとわかりました。洗顔料はいろいろな商品がありますが是非アクアクレンズをおすすめしたいです。アクアクレンズは微粒子アミノ酸で毛穴に詰まった汚れや角栓を包み込んで取り除いてくれるのでメイクを落としながら毛穴もくすみも乾燥もなかったことにしてくれるのです。そしてノンオイルなので肌への負担も少なく、美容液成分がたっぷりと含まれているので、洗顔後も乾燥することなくしっとりしています。是非一度使ってみてほしいです。アクアクレンズはノンオイル・ノンアルコールで無香料であることもおすすめする点なのですがアロマdeクレンズという商品もあり、ノンオイル・ノンアルコールという点は変わらずに良い香りを楽しみながら洗顔する事も出来るのでお好みに合わせて使用することが出来ると思います。

 

 

 

毛穴の角栓をなくすには丁寧なクレンジングと洗顔と保湿が大切

いちご鼻を改善するためにおすすめのクレンジング洗顔料の紹介

 

中学時代は鼻・ほほに出来るニキビで悩み、10代の終わりからはニキビは落ち着いたもののずっと毛穴の汚れに悩んできました。
自分は脂性肌タイプで皮脂をきちんと落せてないから角栓が出来るんだと思いこんで、洗浄力の強い洗顔料でまめに顔を洗って化粧水はサッパリタイプで保湿。
脂性肌に乳液・クリーム類はいらないよね、と化粧水のみのスキンケア。脂取り紙でまめに皮脂を取ってました。
洗顔でしっかり皮脂を落とされて保湿もされなかった私の肌はバリア機能がなくなった肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌。
洗っても洗ってもべたべたする〜と、私はまた必死に洗顔。肌にとってとても過酷なことをしていました。
いちご鼻を改善するためにおすすめのクレンジング洗顔料の紹介
友達の付き合いで行った化粧品のカウンターでBAさんに声をかけられ、マイクロスコープで肌診断。
洗顔のし過ぎでキメが全くない危険な状態。コットンを使うのも刺激だからダメ!と言われ、そこで初めて自分の肌が洗い過ぎで乾燥していることに気付いたのでした。
それからは保湿に重点を置いてスキンケアを始めました。イオンスチーマーを買い、メイク落としや化粧水でのシートパックをしながら、嫌っていた乳液をつけクリームでしっかり肌に蓋。時にはオイルタイプの美容液も使いました。最初は半信半疑での保湿重視のスキンケアでしたが、一カ月後にはあれほど出ていた皮脂が落ち着き、毛穴も目立たなくなり同時に角栓も激減。あれだけ悩んでたことが今までと対極的な方法で改善したことにびっくりしました。
今も保湿を怠ると毛穴が目立ってきます。これから冬がきますが、よりしっかりと保湿に重点を置いてスキンケアしていきたいと思います。
酵素洗顔料 おすすめsuisai

このページの先頭へ